Ubuntuをインストールした直後にやるべきこと【まとめ】

Ubuntuをインストールした直後にやるべきこと【まとめ】

しんぺい

こんにちは!しんぺいです。
Ubuntuをインストールした直後はみなさん何してますか?
何って…SSHに接続して普通に使うだけかな?

プログラミング初心者

しんぺい

なるほど!
Ubuntuをそのまま使うよりもやっておいた方がいいことがあるので、紹介しますね!

僕は普段からVPSではCentOSを入れていますが、Ubuntu入れてみたいということでやってみました!

今回使っているVPSは海外VPSのFlaunt7です。

Flaunt7の登録方法などはこちらの記事で書いていますので、Flaunt7に興味がある方はぜひ読んでみてください。

【海外VPS】Flaunt7の登録からSSH接続する方法までを解説【海外VPS】Flaunt7の登録からSSH接続する方法までを解説

Ubuntuの新規ユーザーを作成する

まずはUbuntuのパッケージ情報を最新にします。

# sudo apt update

rootユーザーでログインするのは好ましくないので、まずはログイン用のユーザーを作成します。

# adduser hogehogeman

Adding user `hogehogeman' ...
Adding new group `hogehogeman' (1002) ...
Adding new user `hogehogeman' (1002) with group `hogehogeman' ...
Creating home directory `/home/hogehogeman' ...
Copying files from `/etc/skel' ...
Enter new UNIX password: # パスワード
Retype new UNIX password: # パスワード確認
passwd: password updated successfully
Changing the user information for mailman
Enter the new value, or press ENTER for the default
	Full Name []: # Enter
	Room Number []: # Enter
	Work Phone []: # Enter
	Home Phone []: # Enter
	Other []: # Enter
Is the information correct? [Y/n] # Y

ユーザーの作成が完了したら、ユーザーをsudoグループに追加しておきます。

# gpasswd -a hogehogeman sudo
Adding user hogehogeman to group sudo

SSH接続ポートとユーザーを変更する

デフォルトの接続ポートが22ですが、これもセキュリティ上良くないので変更しておきます。

まずは先にバックアップを作ります。

# cp /etc/ssh/sshd_config /etc/ssh/sshd_config.bak

ファイルの編集にvimを使いますが、もしvimが入っていなかったら先にインストールしておきます。

# sudo apt-get install vim

vimのインストールが完了したら早速編集しましょう。

# vi /etc/ssh/sshd_config

今回変更するのは以下の2つの項目です。

  • ユーザー
  • ポート
#Port 22 #コメントアウト
Port 20022 #好きなポートに変更

~~~~~

PermitRootLogin no #yesをnoに変更

使いたいポートが空いているかは、netstatコマンドで確認できます。
このコマンドで出力される一覧になければ使えます。

# netstat -an | grep tcp | grep LISTEN

これで、rootユーザーではSSH接続できない、かつポート22も使えない状態となりました。

sshdの構文チェックをし、問題がなければsshd設定を反映させます。

# sshd -t
# /etc/init.d/ssh restart
[ ok ] Restarting ssh (via systemctl): ssh.service.

1回ログアウトして、クライアント側の設定を修正します。

今回はconfigが設定されている前提ですので、configを修正します。

$ ~/.ssh/config

ポートを変更しましたので、SSH接続時にポートを指定する必要があります。

#hogehoge
Host hogehoge
        HostName 1.234.56.78
        Port 20022  # ポート指定追加
        User hogehogeman  # rootから、先ほど作成したログインユーザーに変更

再びSSH接続をし、問題なく接続できればOKです。

Ubuntuのファイアウォールを設定する

最後にUbuntuのファイアウォールを設定しておきます。

まずはufwコマンドでファイアウォールが有効になっているか確認します。

# ufw status verbose

Statusがactiveになっていなければ、ファイアウォールを有効化します。

# ufw enable
Command may disrupt existing ssh connections. Proceed with operation (y|n)? y

「このコマンドは、既存のssh接続を中断する場合があります。続行しますか?」と聞かれるので、yで続行します。

この段階でSSHを絶対に切断しないでください。SSH接続できなくなってしまいます。

次に、許可するポートを設定します。

デフォルトであれば22ですが、先ほどポートを20022変更しましたので、

# ufw allow 20022

となります。

これでもう一度ログアウトし、再びSSH接続ができれば完了です!