PycharmとGithubを連携してコードをプッシュする方法

しんぺい

こんにちは!Bicepperです。

今回は超強力なPythonエディター「Pycharm」をGithubと連携させる方法を紹介します。

Pycharmの素晴らしさについては、「【最強】Python用のエディターPycharm!機能とインストール方法と使い方を解説」で書いていますでの、ぜひ読んでみてください。

Githubでリポジトリを作成する

今回は、すでにGithubにリポジトリが作成済みであると想定します。
「pycharm_test.git」というリポジトリを作成しました。

とりあえずGithubはこのまま置いておきましょう。

Pycharmでプロジェクトを作成する

次にPycharmでプロジェクトを作成しましょう。
なんでもいいですが、今回はDjangoでプロジェクトを作成します。

gitリポジトリを作成する

作成したら、プロジェクトのディレクトリに移動します。今回で言えば、pycharm_testディレクトリですね。
移動先で、次のコマンドを入力して、git管理下にします。

$ git init

ディレクトリを見てみると、以下のようにgitリポジトリがローカルに作成されます。

すると、Pycharmの画面の左下部に「Version Control」というタブが出てきますので、これをクリックします。

Pycharmからコミットする

ここでは手順を追って説明します。

  1. 左下の緑色のチェックボタンを押すと、ウィンドウが開きます。
  2. 「Unversioned Files」にチェックを入れ、今回は全てのファイルをバージョン管理します。
  3. コミットメッセージを入れましょう。なんでも構いません。
  4. 画面右下の「Commit」をクリックします。

リモートリポジトリを登録してPushする

次に「VCS → Git → Push」を選択します。

まだリモートリポジトリを設定していないので、「Define remote」をクリックし、URLに先ほどGithubで作成したリポジトリのURL、今回であればgit@github.com:Bicepper/pycharm_test.gitを入力し、OKをクリックします。

うまくいけば、「NEW」マークがついてリモートリポジトリと連携されます。
あとは「Push」を押しましょう。

Githubのサイトに戻って、画面をリロードしてみましょう。うまくPushが反映されて入れば成功です!