筋トレで使うイヤホンならPowerbeats Pro【レビュー】

筋トレで使うイヤホンならPowerbeats Pro【レビュー】

Bicepper

こんにちは!Bicepperです。
みなさんは筋トレ中に音楽聞きますか?
聞く聞く。
でも…どんなイヤホンがトレーニングにいいか迷ってるんだよねー。

トレーニング初心者

Bicepper

確かに色々出てますからね。
今回は僕が最終的に行き着いたPowerbeats Proについて紹介します!

1.イヤホン選びで大事なのは「トレーニング中に外れないこと」

僕はジムで筋トレする場合、ほぼ毎回と言っていいほど音楽を聴きながらやります。

自分の好きな音楽を聴きながらトレーニングをすると、自分の力の限界を5%ほど引き上げられると言われていますから、筋トレにおいて音楽も重要な要素の一つというのがわかりますね。

筋トレ中に使うイヤホンやヘッドホンの選び方の基準として、

  • 耐汗性がある
  • ワイヤレスで邪魔にならない
  • 音質ががいい
  • 周りの音をシャットアウトできる

とまあ色々ありますが、ここで断言します

もっとも大事なことは、筋トレ中にイヤホンが外れないことです。

トレーニング中にイヤホンやヘッドホンが外れると興ざめですし、なにしろ集中力が途切れて一気にやる気が無くなります

Bicepper

いやーほんとトレーニング中にイヤホンが外れるのは最悪ですね。
心情としてはこんな感じですよ。

トレーニング中にイヤホンが外れるのは辛い

僕もこれまでに、外れないイヤホン・ヘッドホンを求めてたくさん試してきました。

最初は高音質遮音性重視ということでコスパのいいオーディオテクニカのSOLID BASS(ソリッドベース)を使っていました。

音は確かに最高です。カナル型なので遮音性もバッチリです。

しかし、これがまあ超高確率で断線するんです。

  • ベンチに寝っ転がるとプレイヤーが地面に落ちてイヤホンが引っ張られる
  • デッドリフトやシュラッグをバーベルでやるとイヤホンが外れる
  • ただのイヤホンなので、汗かいたり力むとすぐ外れる

このあたりが主な原因であり、1年に1回は買い換えるという非常にコスパが悪いことをしていました。

たしかに普通のイヤホンだとあんまりトレーニング向きじゃない気がするな

トレーニング初心者

海外からワークアウト用のヘッドホンであるGrippedFitnessAudioという商品を購入したこともあります。

GrippedFitnessAudio

トレーニング専用のために作られたヘッドホンであり、グリップ力は市販のものと比べても圧倒的に強力なのは間違いありません。

それでもやっぱり…

長期間つかったり大量の汗をかいたり、激しいトレーニングをするとどうしても外れてしまうんです。

2.イヤーフック型の最強はPowerbeats Pro

耳からイヤホンが外れないためには、耳にしっかりと固定する必要があります。

Bicepper

そうなってくると、選択肢としてはイヤーフック型一択になりますね!

そもそもスポーツ向けのイヤーフック型イヤホンが非常に少ないです…が、そんな中で評判のいいイヤホンがありました。

Powerbeats Proです。

Powerbeats Pro

Powerbeats ProはもともとiPhoneとの相性が抜群にいいとのことですが、Androidでも全く問題ありません。

僕はOnePlusというAndroidスマホを使っていますが、問題なく使えています。

では使って見た感想をいくつかレビューしていきます。

音質

音質については、トレーニング・運動用と前提するのであれば申し分ないぐらい最高です。

うんうん。
トレーニング用とは言えど、音質はある程度必要だよね。

トレーニング初心者

僕もトレーニング中にいろいろなジャンルの音楽を聞きますが、高音・低音を幅広く取り込みまんべんなくいい音を出してくれます。

EDM、Trance、Base、Trap、Chilloutなど、どのジャンルでも不満なく聴くことができます。

Powerbeats Proはオールマイティーな音質

これは逆に言えば、特化した点はないということにもなります。

僕は重低音を好みますが、先ほど紹介したSOLID BASSなど重低音に強いオーディオテクニカなどに比べればやはり劣ってしまいます。

また遮音性は皆無に等しいですが、この点をメリットと取るかデメリットと取るかは人によりけりです。

Bicepper

トレーニング中とは言え周りも気にしたい派の僕にとっては、遮音性がない方がいいですね!

「自分の世界に浸りたい、周りの音が聞こえるのは嫌だ!」という人には、Powerbeats Proは合わないかもしれません。

利便性

小さくて軽量でとてもシンプルなPowerbeats Proですが、便利な機能がたくさん凝縮されています。

  • 両耳どちらからでも音量調整可能
  • 両耳どちらからでもトラックコントロール可能
  • 通話の応答可能
  • ワークアウト中の着信拒否
  • 装着センサーによる音楽の自動再生停止
なるほど。
ワークアウト用の機能もついてるんだね。すごいな!

トレーニング初心者

また、みなさん気になるであろう電池の持ちですが、公式で9時間持続可能と謳ってるだけあって安心感が抜群です。

実際に僕も朝ワークアウトで2時間ほど使用後、仕事のあとの帰宅時にも使ってみましたが電池切れになることなく帰宅するまで使うことができました。

もし電池切れが心配な人は、付属の充電ケースを持ち歩くといいです。
非常にシンプルなマグネット式で容易に即充電が可能であり、充電ケース込みであれば24時間以上使用できるので、もうどこにいても問題ありません。

Bicepper

電池の面に関しては全く問題ないです!パーフェクト!

装着感(筋トレ時)

さてさて、一番気になる筋トレ時の装着感です。

結論を先に言ってしまえば、全く問題ありません

筋トレの中でも、イヤホンやヘッドホンが特に外れやすい場面で検証してみました。

  • ベンチに寝っ転がる → ワイヤレスなので関係ないし、外れない
  • デッドリフトやシュラッグ → ワイヤレスなので関係ないし、外れない
  • 力んで頭に力が入ったとき → 外れない

以上の場面でも全く問題なしでした。

Bicepper

確かに色々出てますからね。
今回は僕が最終的に行き着いたPowerbeats Proイヤーフックでガッチリと耳をホールドしているため、360度どの向きに顔を向けてもビクともしません!

それでいて装脱着は非常に簡単で、慣れれば片手でものの数秒で完了します。

最高のトレーニングイヤホンだと断言できます。

【まとめ】Powerbeats Proでトレーニングは加速する

イヤーフック型トレーニングイヤホンのPowerbeats Proについて紹介しました。

いろいろ試した結果、激しい動きに対して強いのはやはりイヤーフック型です。

その中でもPowerbeats Proはトレーニング用として最高のイヤホンと言っていいでしょう。

Bicepper

他にみなさんがオススメのイヤホンがあればぜひ教えてください!