【海外VPS】Flaunt7の登録からSSH接続する方法までを解説

【海外VPS】Flaunt7の登録からSSH接続する方法までを解説

しんぺい

こんにちは!しんぺいです。
海外VPSの魅力といえば、ズバリ安い&自由ですよね!
でも英語ばっかりで契約も使い方もよくわからないな..

プログラミング初心者

しんぺい

たしかに初めて海外VPSを使うのは勇気が必要ですよね。
今回は海外VPSのFlaunt7の登録からSSH接続する方法までを解説します!

海外VPSで人気のあるFlaunt7

VPSサービスは数え切れないほどありますが、やはり評判のいいVPSを使いたいですよね。

しんぺい

僕は海外のVPSの評判を調べるために比較サイト”hostAdvice“をよく使いますね!
参考 hostadvicehostadvice

hostAdviceの中でもFlaunt7は評判がよく、価格もかなり安く抑えることができます。

Flaunt7は高評価

ただしサーバーが日本にはありませんので、速度を求める場合はCDNの利用が必須になってきます。その場合は無料で利用できるCloudflareがオススメです。

Flaunt7を実際にレンタルしてみる

では実際にFlaunt7を使うところまでやってみましょう!

Flaunt7でVPSを契約する

まずは公式サイトにアクセスします。

Flaunt7公式サイト

参考 Flaunt7公式サイトFlaunt7

メニューの中の「Hosting」をクリックし()、その中の「Cloud VPS Plan」をクリックします()。

Linxoid1GBを選択

VPSの選択ができますので、好きなものを選び、「Get Started Now!」をクリックします()。
今回は「Linxoid1GB」を選択しました。

次のページで細かい情報を入力します。

Flaunt7の申し込みフォーム1

Flaunt7の申し込みフォーム2

  1. ホスト名です。
  2. 好きなパスワードを入力します。
  3. ネームサーバーのプレフィックス1です。
  4. ネームサーバーのプレフィックス2です。
  5. 好きなOSを選択します。
  6. IPv4の数を選択します。
  7. SSL化したい場合は選択します。ここで購入しなくても、あとで追加できるそうです。(byサポート)

全て完了したら、紫色ボタンの「Continue」をクリックして、次に進みます。

Flaunt7のプロモーションコードがある場合は入力

赤枠の部分でFlaunt7のプロモーションコードが入力できます。

場合によってはとても安くなるので、こちらのサイトを確認してみてください。

参考 hostadvicehostadvice

フォーム入力に問題がなければ、右にある「Checkout」ボタンで進みます。

Flaunt7の申し込み最終チェック

住所の部分に関しては上図のように入力すれば問題ありません。

Flaunt7の支払い方法選択

支払い方法は以下の3つですので、好きな支払い方法を選択しましょう。(

  • PayPal
  • クレジットカード
  • Bitcoin

利用規約に同意したら()、認証コードの入力に入ります()。

左に表示されている文字列を、右のテキスト欄に入力すればOKです。
今回でいえば、「BLG8D」が正解ですね。

全て完了したら一番したにある紫色ボタンの「Complete Order」をクリックして支払いに移動して、支払いを完了させましょう!

Flaunt7にSSH接続する

Flaunt7に鍵を登録する

契約が無事完了したら、次はSSHで接続する準備をしましょう。

まずはクライアント側で鍵を生成します。

$ cd ~/.ssh
$ ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C "root@hoge.com" -f ~/.ssh/id_rsa_hogehoge

入力したパスフレーズは忘れずに!

無事生成されると、~/.ssh配下に、以下のように2つのファイルが生成されるはずです。

$ id_rsa_hogehoge
$ id_rsa_hogehoge.pub

今度は、Flaunt7の管理画面に入ります。

Flaunt7の管理画面

左サイドバーのメニューから「Services → My Services」へと進みます()。

すると画面の右に自分が契約したサービスの情報が出て来ますので、見たいサービスの欄をクリックします()。

Flaunt7のVPS Management画面

画面を中程までスクロールすると、「SSH keys」という項目があるので、クリックします。

画面に出て来る「Add SSH keys」をクリックすると、以下のような画面が出てきます。

Flaunt7のAdd SSH Key

管理する鍵に適当な名前をつけます()。

次の入力欄()に、先ほどクライアント側で生成した鍵のうち、「id_rsa_hogehoge.pub」の中を全てコピペします。

「Add SSH key Successfully」というアラートが出れば成功です。

クライアントからFlaunt7のサーバーにSSH接続する

次にクライアント側からFlaunt7のサーバーにSSH接続する準備をします。

$ vi ~/.ssh/config

以下のように書きます。

#hogehoge  ← VPS名などわかりやすいもの
Host hogehoge  #← 契約時に指定したホスト名など
        HostName 1.234.56.78 # ← IP
        User root  # ← ここはroot
        IdentityFile ~/.ssh/id_rsa_hogehoge # ← 最初に作った鍵の「pub」がついてない方

「HostName」の部分で指定するIPは、Flaunt7の管理画面の先ほどのページの以下で見ることで確認できます。

Flaunt7のIP確認画面

これで準備ができました!

早速SSH接続してみましょう。

$ ssh hogehoge

パスワードを求められますので、最初に契約するときに設定したパスワードを入力します。

あとはSSH接続後の画面が表示されれば成功です!

root@hogehoge:~#

【まとめ】どんなVPSでも基本は一緒

今回は、海外VPSであるFlaunt7の登録からSSH接続する方法までを解説しました。

VPSの種類も様々ありますが、基本的な使い方は今回紹介した方法で概ね通じます。

最初はなかなか手が出しづらいですが、海外VPSは初期費用も抑えられて価格も高くないというのが特徴ですので、ぜひ挑戦してみてください。