【最強】Python用のエディターPycharm!機能とインストール方法と使い方を解説

Pycharmのインストール方法と使い方

Bicepper

こんにちは!Bicepperです。

エディターって世の中にたくさんあってどれがいいか分からなくなる時ありますよね。

え?僕がPython書く時になんのエディターを使ってるかですか?

それはもちろん、Jetbrains社が出しているPycharmです。

Pycharmとは?

Pycharmとは、JetBrains社という開発者向けのさまざまな便利なツールを提供している企業のツールの一つで、Python専用の超高機能エディターです。

Jetbrains社Webサイト

エディターといえば有名どころから、よくわからないエディターまでいろいろありますが、よく使われているエディターといえば以下ではないでしょうか。

  • Sublime Text
  • Visual Studio Code
  • Atom
  • Vim

しかし、ことPythonにおいて使うべきエディターを勧めるのであれば、bokuはPycharmであると断言します。

Pycharmのここがすごい

開発環境が超高速で作れる

僕個人的には、これはかなり大きいメリットです。

どんな言語やサービスでも最初に開発環境を必ず作ると思いますが、これが結構面倒なんです。どんなフレームワークを使うのか?どんなモジュールを入れるのか?何を使って仮想環境を作るのか?

Pycharmでは、これらの面倒な作業を瞬時に解決してくれます。

Pycharmのテンプレート

見ていただくと分かるように、新しくプロジェクトを開始する時のためにPycharm側でいくつかのテンプレートを用意してくれています。

PythonフレームワークであればDjangoFlaskPyramidなどの王道フレームワーク、JavaScriptのフレームワークであればAngularReactVueなど、有名なテンプレートは一通り用意されています。

もちろんこの一覧にないフレームワークでも、PyCharmプラグインとして登録されているものがあればいつでも利用することができます。

そして右側の欄を見てみると「Virtualenv」の文字があります。
そうなんです、仮想環境も自動的に作成してくれます。最高。

超強力なコード補完機能がついている

PyCharmには超強力なコード補完機能がついています。

Pycharmのコード補完機能

コーディングやプログラミングを爆速にするためには、Emmetとこのコード補完機能が必須です。
僕もこの機能で爆速になりました。

画像はDjangoでの開発画面ですが、以下の補完がされているのがわかると思います。

  • Djangoのデフォルトのモデルやフィールド
  • 自作したファイルやモデルの補完

特に自作したファイルやモデルの補完はかなり助かりますね。プロジェクトが巨大になればなるほど、どんなコードを書いたか、どんなクラス・メソッドを書いたか分からなくなってきます。
そんな時にサクッと補完してくれるのは素晴らしすぎます。

そしてもう一つ、なんとSQLも補完してくれます

PyCharmは、ありとあらゆるデータベースと接続することが可能なのです。

Bicepper

多すぎて僕もよく知らないデータベースがありますね…

Pycharmはデータベースとも接続可能

今回はMySQLを使用しているので、接続が完了したらあとはSQLを書くだけです。
WHEREORDER BYなどの通常のSQLはもちろん、オリジナル要素も補完してくれます。Pycharmマジで超強力。

PycharmのSQL補完機能

あ、もちろんですが、HTMLやCSS、JavaScript、Angular、React、Vueの補完機能も当然付いています。

Gitとローカルヒストリーで完璧なバージョン管理

PyCharmはGitとの連携も完璧です。

僕はバージョン管理・コード管理のためにGithubを使っていますが、コードの差分なども即座に確認が可能です。

部分的、ページごと、プロジェクトごとなどどんな単位でも素早く確認できるのが魅力的ですよね。

Githubの差分確認

これに合わせてPyCharmが持っているもう一つの強力な機能は、ローカルヒストリーです。

例えばもしGit管理になんらかの不具合があった場合でも、PyCharm自身がバージョンを残しているため、いつでも履歴を辿ることができるのです。

Pycharmのローカルヒストリー機能

安全・安心のリファクタリング機能

コードを書いていればいずれは必ずやらなくていはいけないのが、リファクタリングです。

ファイル名を変更したい、関数名を変更したい、などなど。

僕もリファクタリングは何回も経験していますが、プロジェクトが巨大になると、もうどこで何を使っているのか分からなくなります。
変更してもしどこかに影響が出たらどうしようか…なんて思いますよね。

PyCharmは、リファクタリングしたい要素がいったいどこで使用されていて、どこに影響があるかまで全て教えてくれます

Pycharmのリファクタリング機能

“Refactoring Preview”と書かれていますが、例えばどこのクラス名なのか、そしてそのクラスがどこのファイルのどの部分で使われているのかなどなど、完璧に教えてくれます。

これで安心してリファクタリングができるわけです。

Jupyter Notebooksのファイルも実行できるPycharm

Jupyter Notebooksというのをご存知ですか?

機械学習統計学をやらない、あるいはWebアプリケーションの開発が専門という人にとってはあまり聞きなれない単語かもしれません。

データ分析をする際によく活用されるのですが、本来であればJupyter Notebooksというツールの環境を作成してファイルを実行する必要があるため、少々面倒…

しかし、PyCharmはこのJupyter Notebooksのファイル「ipynb」も実行できてしまうのです。
もうこれでわざわざJupyter Notebooksのローカル環境を開く必要もなくなりました。PyCharm本当に凄い。

JupyterNotebookも実行できるPycharm

Pycharmのインストールと使い方

ここまでPycharmの機能を紹介してきました。

あ、もしまだPythonを使ったことがないのであれば、まずはPythonの魅力から触れてみることをオススメします。

Pythonで何ができる?Pythonを学習して未来をつかめPythonで何ができる?プログラミングでPythonを学習して未来をつかめ

ではPycharmのインストール方法…と行きたいのですが、その前に一つだけ。

Pycharmは基本有償です。
ここまで超高機能なので当たり前だといえば当たり前なのですが…

プログラミング初心者

ええ?あーやっぱりそうだよね、有料だよね…

しかし待ってください。
Pycharmには以下のパターンも用意されています。

  • 30日間の無料体験版
  • 無料版

無料体験版は、30日間有償版全ての機能をフルに使えるというものです。
30日あれば、使ってみて自分に適したエディターかどうか判断つきやすいですよね。

もう一つ、使える機能がかなり制限されてしまうのですが、無償版も用意されています。
有償版と無償版の違いは以下の通りです。

Pycharmの有償版と無償版の違い

無償版だと、今回紹介したPycharmの便利な機能がほとんど使えないことがわかります。

ですから30日間無料で試してみて、もしメインのエディターとして使っていけそうだなと思ったら、そのまま継続してPycharmを使うのがいいでしょう。

というわけで、まずはこちらのPycharmダウンロード画面に行きましょう。

Pycharmのダウンロード

左がProfessional版(有償版)なので、自分の使っているOSを選択してから「ダウンロード」をクリックしてPycharmをダウンロードします。
(今回はMac版で話を進めます。)

ダウンロードが完了したらファイルを展開して、Pycharmをアプリケーションフォルダーに移動します。

Pycharmのインストール

アプリケーションフォルダからPycharmを開くと、「設定を読み込むかどうか」というのが出てきますが、初回なので「Do not import settings」の方を選択してOKをクリックします。

Pycharmの設定

次はキーマップ設定ですが、Pycharmを使うのは初めてという前提で進めますので、左側の「I’ve never used Pycharm」を選択して「Next: UI Themes」をクリックします。

Pycharmのキーマップ設定

次はテーマの選択です。
テーマとは、エディターの色のようなものです。プラグイン(付属)をインストールすればさまざまなテーマが選べますが、初回ではこの2つしか選べませんので、お好きな方を選択して「Next: Launcher Script」をクリックします。

Pycharmのテーマ選択

次のLauncher Scriptは特に設定が必要ありませんので、次の「Next: Featured plugins」へ進みます。

「Featured plugins」では、追加の機能をここでインストールできます。
特に必要はないかと思いますが、例えば「Vimエディターを使いたい」という場合は「Install and Enable」をクリックして追加しておくといいでしょう。

終わったら次の「Start using Pycharm」をクリックしてPycharm本体を起動します。

Pycharmの追加機能

あとは「Create New Project」をクリックすれば、先ほど紹介したテンプレート選択画面が出てきますので、存分にPycharmを堪能してください。

Pycharmスタート画面

Pycharmをより詳しく設定したいという人は、以下のサイトが参考になりますので、ぜひ設定してみてください。

参考 PyCharm のオレオレ最強設定akiyoko.hatenablog.jp

【まとめ】PythonのエディターならPycharm一択

Python専用エディターのPycharmの機能とインストール方法について紹介しました。

有償なだけあってかなり豊富な機能とその使いやすさから僕はPycharm一択でずっとコードを書いてきていますが、使い慣れているエディターがあるのであれば、まずは両者を比較してみるといいでしょう。

Pycharmは英語ですが、参考サイトも豊富にあるため、使い慣れるまでにそこまで時間はかからないです。

使ったことがない人は、ぜひ一度Pycharm使ってみてください。

Bicepper

Pycharmは最強エディターのうちの一つです。

企業で契約しているところもあるぐらいですから、その機能はかなりのものです。

きっと使ったらPycharmのトリコになりますよ!