ガチ勢が教える!初心者こそゴールドジムに入会するべき理由【事実】

ガチ勢が教える!初心者こそゴールドジムに入会するべき理由【事実】

Bicepper

こんにちは!Bicepperです。

ジムに通おうか考えている初心者が最初に悩むのって、ジム選びですよね。

日本にもジムがだいぶ増えて通いやすくなりましたが、ジム歴12年の僕は圧倒的にゴールドジムをオススメします!

1.ゴールドジムのトレーナーの質は段違い

ゴールドジムをオススメする最大の理由は、トレーナーの質が段違いだということです。

こういう言い方をするのは申し訳ないですが、他のジムでゴールドジムのスタッフのレベルに到達しているトレーナーはなかなか出会えません。

トレーニング初心者

なんでゴールドジムのスタッフってそんなにレベルが高いの?

お答えしましょう!

ゴールドジムではトレーナーになるための試験がある

ゴールドジムのトレーナーは、誰でもなれるわけではありません
トレーナーになるための試験があります。

他のジムでトレーナーとして就職する際や、アルバイトとして働く際に試験があるというのは聞いたことがありません。

実際に僕が別のジムでトレーナーとして就職するときも試験はありませんでした。

ゴールドジムのトレーナーは試験がある

その内容は、実技筆記試験の両方であり、難易度はそこまで難しくはないもののある程度のレベルと知識を必要とすると教えてもらったことがあります。

例えば実技はこのような感じです(※実技内容は例です)。

  1. ベンチプレス:自分の体重 × 10回
  2. スクワット:(自分の体重×1.2) × 10回
  3. デッドリフト:(自分の体重×1.2) × 10回

そうなんです、ゴールドジムのトレーナーになるにはある程度のトレーニング種目について既に知っている必要があるのです。

実際に僕もゴールドジムでトレーニングをしているときに、実技試験をしている場面を何度か見たことがあります。

この試験によって、トレーニングに関して未経験のド素人やなんちゃってトレーナーをふるい落すことができるため、ゴールドジムのトレーナーとしてスタートする時点である程度のトレーニング素養を持っている人のみに絞られる訳です。

ゴールドジムのトレーナーはレベル別にランク付けされている

ゴールドジムのトレーナーの服の色を見たことがあるでしょうか?

実はゴールドジムのスタッフは、トレーナーのレベルによって服の色が違います

  • トレーナーレッド):ゴールドジムのトレーナーとして入りたて、トレーナーとしての勉強をしているレベル。トレーナー初心者。
  • オフィシャルトレーナーオレンジ)ゴールドジムのアカデミーを全て終えた人。実技レベルとしては中級者。
    ボディビルダーとしては、入門大会で優勝するレベル。
  • プロトレーナーシルバー):ゴールドジムのアカデミーを全て終えた人。実技レベルとしては上級者。
    ボディビルダーとしては、地方大会、中級者大会などで優勝するレベル。
  • アドバンストレーナーイエロー):ゴールドジムアカデミーの講師、セミナーを担当するレベル。実技レベルとしては超上級者。
    ボディビルダーとしては、上級者大会、全日本レベル。その他の競技で輝かしい功績を残した人。

このように服の色で区別されているため、パッと見ただけでどのレベルのスタッフなのかが一目瞭然でわかる訳です。

特に、イエローのアドバンストレーナーは輝かしい功績を残すレベルの人がほとんどであり、日本で10人もいないと言われています。

たとえば以下の写真をご覧ください。

ゴールドジムのアドバンストレーナー

参考 Gold's Gym Japan(ゴールドジム)Facebook
  • 【左】鈴木雅すずきまさし):全日本ボディビル選手権9連覇、アーノルド・クラシック・アマチュア男子ボディビル80㎏級優勝
  • 【中】小沼敏雄こぬまとしお):通称ミスター日本。全日本ボディビル選手権通算14回優勝
  • 【右】荒川孝行あらかわたかゆき):全日本パワーリフティング選手権優勝5回。デッドリフト93kg級日本記録保持者

ゴールドジムのアドバンストレーナーのレベルがいかに桁違いかわかりましたでしょうか?

他のジムでこのレベルのトレーナーがゴロゴロ揃っているのは見たことがありません。

ゴールドジムであれば、このような超人的トレーナー直接トレーニングを教えてもらうことも可能なのです。

トレーニングの知識もなく、それどころかトレーニングすらもしたことのないようなスタッフに教わることはかなり危険であると言っていいです。

まだ何も知らない初心者こそ、質の高いトレーナーに教わるべきなのです。

2.ゴールドジムはマシンや器具の数が尋常じゃない

ゴールドジムは、基本的にプールを設置しません
もちろんプールが併設されているところもありますが、数は少ないです。

なぜかと言うと、プールという設備は維持費がものすごくかかるんですね。

だったら、「プールの維持費にお金を使わないで、代わりにマシンや器具を充実させよう」というのがゴールドジムのモットーなのです。

そのモットー通り、マシンや器具の数は半端ではありません

ゴールドジムの器具は半端じゃない

トレーニング初心者

このマシンはいったいどこの筋肉に効くの…?

というような、他のジムでは絶対に見ないようなコアでマニアックなマシンも揃っています。
僕も全てのマシンの使い方を知っているわけではありません。

すでに他のジムに通っている人ならわかると思いますが、自分が使いたいマシンが空いていないという経験、ありませんか?

  1. マシンが空いていないから、空くまで待ちぼうけ
  2. 待っている間にやる気がどんどん削がれて行く
  3. やる気がなくなって、トレーニングが中途半端に終わって帰る

Bicepper

僕も他のジムに行くとこのパターン、結構ありました…

ゴールドジムでは、このような現象がほとんど起きません。
なぜならマシンや器具が充実しているからです。

仮にマシンが空いていなかったとしても、ゴールドジムのスタッフに相談すれば他のマシンでの代用方法や、代わりとなるトレーニングの紹介など的確なアドバイスをくれるため、時間を無駄にしなくて済みます。

みんな大好きダンベルも充実しており、最も重い重量でなんと片方90kgもあります。

ゴールドジムは90kgのダンベルまである

参考 ゴールドジムのダンベルIRONMAN BLOG

他のジムだとせいぜい重くて30kg、40kgでしょうか。
マンガのギャグみたいな重さですが、本当に存在します。

なんでそんな重いダンベルがあるか、ですか?

それは、使う人がいるからです。

3.素晴らしいジム仲間に出会える

ここまで紹介してきてなんとなく理解していただけたかと思いますが、ゴールドジムに集まる人たちは本気です

ゴールドジムに集まるのがボディビルダーだけだと思ってませんか?

トレーニング初心者

え、そうじゃないの?怖いお兄さんやおじさんしかいないイメージだけど…

そんなことはありません!

一般人はもちろん、水泳選手やダンサー、格闘家やバスケットボール選手、バレリーナや相撲取りまで幅広い人たちがいます。

他のジムに本気な人がいないとは言いませんし、本気で来ている人がいるのも事実です。
しかし、その本気の人たちの割合が違います

感覚としては、普通のジムで本気の人が3割なのに対してゴールドジムでは7割が本気と言ったところでしょう。

ゴールドジムのコンセプトをご存知でしょうか?

それは、”Serious Fitness(真剣なフィットネス)“です。

ゴールドジムに来る人はみんな本気

僕は今年でゴールドジム歴11年目ですが、様々な人たちと出会って来ました。

その中には5,6年の付き合いがある人も当然いて、今でも一緒にトレーニングをすることがあります。もちろん本気でトレーニングです!

ゴールドジムの会費は決して安くありませんし、むしろ高い部類です。

しかし、それだけの会費を払ってでも行く価値があると判断している人たちが集まっているのです。

【まとめ】ゴールドジムに遊びに行ってみよう

今回は、初心者こそゴールドジムに入会するべき理由を紹介しました。

ゴールドジムにはむさくるしい男しかいない怖いところというイメージを持っていませんか?

確かに10年ほど前、僕がゴールドジムに入る頃はまだそのようなイメージが定着していましたし、僕も実際にそう思っていましたw

しかし、この10年で随分と変化してトレーニング初心者、女性の方でも入会しやすくなりました。

まだ来たことがない人、ゴールドジムが怖くてなかなか判断ができない人は、少しでいいので勇気を持って一歩を踏み出してみてください。

きっと、あなたの人生を劇的に変えてしまうほどのトレーニングと出会いが待っているはずです。

Bicepper

あ、ゴールドジムでもし僕を見かけたら、ぜひ声をかけてくださいね!

一緒にトレーニングをしましょう!